« 2008年8月 | トップページ

2009年7月

2009.07.21

今回も面談終了

今回のドイツ滞在も、残すところ後1日となりました。
昨日、無事面談終了。
8月に4週間アメリカに行くまでに、著作の校正を仕上げないといけないという中、貴重な時間を割いてくれた指導教授からは、非常にソフトに「で、まだ書く気あるかな?」という感じでしたが、そこは「も、もちろんでっす!」と気迫だけは十分という感じで、でっち上げたものをとりあえず見せつけて乗り切りました。
しかし、さすが世界の(?)Stegemann、何を言いたいのかわかならいような私の質問に、非常に的確な資料を紹介してくれました。

ものすごく手短に言うと、

既に、90年代にB.J.Malinaが、Deviance Theory(逸脱理論)をルカ研究に取り入れていたので、今回の僕の論文でもそれを活用するのですが、今回、M.L.Prattが提唱する「Contact Zone」の概念を、このDeviance Theoryと統合して、ルカの旅行記解釈に援用できないか、というとんでもない質問に、「う~ん、それねぇ、ヨセフスの研究してるアメリカ人が、なんか似たようなことやってるから、参考になると思うよ。ヨセフスとルカは共通点多いから。たぶん、ルカはヨセフスの影響あったでしょう。ただイエス運動に対する態度が決定的にちがうから、そこがポイントになるじゃないかな。まぁがんばって書きなさい。」という感じで、さくさく、参考文献を2冊ほど提示。

たぶん、これまでに紹介された参考文献を僕が全てきちんと消化できていれば、論文の2本や3本、余裕でかけちゃったりなんかしちゃったりしてるのでしょう・・・。
そんなわけで、やさしい指導教授から、逆に励まされて、かえってちょっと落ち込んだりなんかしちゃったりしたのでした。

夕方は、この夏についに論文提出の運びとなった、かつてのお隣さんだったインドネシア人の盟友のお宅を訪問。9月にはインドネシアに帰国、その翌週からは教壇に立つということで、今はもう何がなんだかわけがわからない、という中で、貴重な時間を割いて、夕食に招いてくれたのでした。
お互い、次は日本か、インドネシアで再開することを約束して(こどものそれぞれの夏休みはいつかとか、インドネシアはイスラム暦によって航空運賃が上下するので、ラマダンがいつなのかを調べた方がいいとか、日本は6月が梅雨だから、天気は悪いが航空券は比較的安いとか、むっちゃ具体的な話をして)分かれました。

Cimg2103Cimg2104 写真は、村のMaibaum。

フランケン地方の旗(赤と白)は、まぁ当然と言えば当然ですが、1.FCNuernberg(ニュルンベルクが本拠地のサッカーチーム)の旗(赤と黒に白字)がはためいているのは、まぁこれも当然と言えば当然か、と。
まぁ要するに大阪で、商店街に阪神の旗が張ってあるみたいなもんですわ。
そんな熱狂的なファンの願いが通じたのか、1.FCNも8月からは1部リーグ復帰が決定しました。
全然関係ないですが、いや~僕ボクもがんばらなあかんあ~とおもうてるんですわ、とひとりごちたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.09

またもや滞独中

全然論文は進んでいないにもかかわらず、またもや2週間の予定でドイツに昨日からきています。
いやまぁ、進んでいないからこそ、ちょっとでも進めるために、この時間を使わなければならないのは言うまでもありませんが、言ってしまうと、なんだか情けない。
ほとんど指導教授に怒られにきたようなものなのですが、優しい先生はきっとおこらずに励ましてくれちゃったりして、余計に情けなくなるのは必定なのですが、まぁそれも身から出た錆なのでどうしようもないですな。
とにかく、せっかくいただいた時間ですから、有効に活用したいと思っております。

 しかし、1年ぶりのNeuendettelsau、さすがに列車が駅に近づくと、万感の思いがこみ上げてきます。
留学中を過ごしたこの村には、大変だったドイツ生活の最初の頃、友人たちとの楽しかった思い出、苦しかった研究生活(原則まだ続いてるはずなのですが)、いろんな思い出が詰まりまくっています。
近い将来、妻と子どもたちと一緒に是非またここに来なければ、そんな思いを強くしたのでした。

 で、そんな具合に1年前を懐かしみつつ、散歩と買い物を兼ねて、下の子どもたちが通っていた幼稚園に行って、子どもたちが先生に書いた手紙と、友達への手紙を託してきました。
 雨男の僕が外にでるととたんに大雨。もっとも、この天気のめまぐるしい変わりようは、まさになつかしいFrankenの天気です。丘陵地帯なので、一日のうちで天気が目まぐるしくかわるのです。
 で、その大雨の中幼稚園まで歩いて行くと、玄関先で雨宿りしながら、手紙を託された一人の男の子とそのお母さんが、昔のうちの子どもたちの担任だった先生と、ちょうど立ち話してました。雨のおかげで、この人たちには直接手紙を手渡せたので、よかったよかった。たまには雨男もいいことあるね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ