« ついにiPhone入手!ってウソですごめんなさい | トップページ | 面談終了 »

2008.03.19

引っ越しまでの遠い道のり

昨日、荷出しがついに完了。
最後のぎりぎりまで慌てて作業しているのをいいわけに、妻に荷造りを完全委任。
で、ほとんどのものはとっくに荷造りがおわっているのだが、私のものだけは最後まで当然残るわけで、この土日に不眠不休でなんとかマニア合わせる。
当然荷物は原則船便なので、東京に到着するのはおよそ2ヶ月後になる。
だから、どうしてもすぐに必要な資料とかは手持ちになるので、どれを持って行くか選んだり、ためにためてた文献表とかを一気に作成したりしつつパッキング。なんとかぎりぎりで間に合う。あいかわらずの瀬戸際の魔術師ぶりだが、さすがに体がもたなくなってきました。

ちなみに、こちらで住んでいるアパートは帰国宣教師用住宅なので、家具・食器・リネン類などは全て備品。なので、荷物は全てその他の生活用品と本。
費用の関係で、できるだけ4立方mにおさまるように箱にできるかぎりぎゅうぎゅうに詰め込む(船便は重さは関係ので)。

子どもの服とかまぁある程度かさばるのはしかたがないのだが、問題は本。
基本的に本はこちらの図書館で借りているのだが、それでも購入した本はなんだかんだで結構多くなってしまった。
その他の資料・コピーの量も結構すごいです。
荷物の6割は本(もちろん子どものものも含めて)と資料でした。
当然、テオリー通り本は一番小さい箱に詰めるわけだが、引き取りに来た人(一人だけ)が、その重さと数の多さに呆気にとられているので、このままではラチがあかないと、積み込みを手伝う。おかげで筋肉痛に。日本から持ってきた湿布薬をここぞとばかりに貼るが、きっと明日はもっと痛くなるのでしょう・・・。

で本日は、神学校に行ったり、銀行に行ったり、大家である海外宣教局にいったりして、各種残務処理。
午前中最大の山場(?)は自動車の処分。
うちのアパートの隣が自動車修理工場で、大変親切に右も左も分からん外国人相手にこれまでも修理の相談にのってくれていた。
なので、そこで引き取ってもらって、登録抹消のための各種手続きをお願いする。
本当に親切な車屋さんで、本来ならばこちらが廃車費用を出さないといけないぐらいのポンコツなのに、餞別代わりに一応「買って」くれて、「今度また来ることがあったら、その時はポルシェ持ってきてね。がはは」と言う。
なんかあまりドイツ人らしくないな〜と思ったら、電話で突然イタリア語をものすごく流ちょうに話し始める。
え〜、イタリア語ものすごく上手ですね!と言ったら、「だって、イタリア人だから。もう40年ドイツにいるけど。」
根拠は無いが、なんとなくこれまでの一連の対応「ノリ」に納得。

午後は留学生仲間が企画してくれた「アジア風送別会」。
「アジア風」というのは、送別される人がゲストだという意味。
昨今のドイツ(よく知らないがどうも北西ヨーロッパ一般にそうらしい)では、子どもだけでなく、大人の場合でも、個人の誕生日だろうが内輪の送別会だろうが、お祝いされる人がGastgeber(ホスト)で、お祝いしてくれる人がGast(ゲスト)というのが普通らしい。
要するに、お祝いしてもらいたい人が、自分の都合を最大限優先することを追求するためには、そうなるらしい。
で、一応子ども達のためのお別れ会だけは考えていたのですが、大人用にはそんなことする時間的余裕も言われも全くないので、知らん振りをしていたら、インドネシアからの留学生仲間が、「やっぱりやらなきゃだめだ!おまえに時間が無いなら、私たちがやってやる!インドネシアじゃ残る方が送別会を開くのが普通だ!」ということに。あ、やっぱりそうなのね。ちなみにイタリアに留学していたラテン語の先生に訊いたら、イタリアでもそれが普通らしい。ヨーロッパと一括りに言っても、地中海文化圏と北海・バルト海沿岸文化圏の違いの大きさを感じる・・・。
というわけで、「アジア風」送別会をやることに。指導教授や、お世話になった宣教学講座の教授にも声をかけるように、「主催者」から言われてご招待。お二方とも、義理堅く顔を出してくださいました。
送別会のお開きの際には、ため込んでいた日本関係のグッズを皆様にお土産として大放出(これも正しくアジア風と言えるか・・・?)

明日は、指導教授と最後の面談。
あまりにも遅れている行程をいいわけして切り抜けるためのネタを今晩徹夜で作成中。緊張です。

村内では今やイースター(Ostern)のための飾り付けなども散見。
春は間近ではありますが、今日はまだ一日寒い風が吹いていました。

|

« ついにiPhone入手!ってウソですごめんなさい | トップページ | 面談終了 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いや、そりゃ、大変だね。
ボクは、もう、沖縄を出られない。
たぶん、一生見ない本だらけなのだが、
捨てるに捨てられない。
そういや、先日、ボクが学Yだった頃の
友人で、聖公会司祭になったのが沖縄に
来た。めったに会わないがいい友人では
ある。

投稿: 沖縄・かむじゃたん後藤 | 2008.03.19 10:29

お疲れ様。
日本で飲みましょう。

投稿: noji | 2008.03.19 22:42

かむじゃたんさん、コメントありがとうございました。

当然、今度は開梱して整理しないといけないわけで、おまけに日本国内のあちこちに分散して預けてあるものものあるので、それを考えると頭がくらくらしてきます…。


nojiさん、コメントありがとうございました。

是非。
また花見で焼き肉とかやりたいですね。
連絡させていただきます。

投稿: LEE | 2008.03.21 05:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58523/40553613

この記事へのトラックバック一覧です: 引っ越しまでの遠い道のり:

« ついにiPhone入手!ってウソですごめんなさい | トップページ | 面談終了 »